つくボド

ボドゲが好きなつくば市民を増やす!

#2 11/23「ボドゲで遊ぼう!@ビッグエコー」のレポート

2020年11月23日にビッグエコーつくば天久保店でイベントを開催しました!

tkbd.fun

4人の参加者と6時間ほどボドゲを楽しみました!
ありがとうございますm( )m

イベントの様子

部屋はレンタルルームを使わせてもらいました。

部屋の様子

ボドゲきれいに並べた!

壁が鏡張りになっているので奥に写真撮影をしている僕が写ってしまっています。暖房きいてたので半袖1枚で余裕でした(笑)

前回のイベントの反省点だった「開始時間までに準備を終わらせておく」はクリアできました!

参加者が来てまずプレイしたのはTAGIRON!
前回のイベントでどハマりしたので一発目はこれだと決めていました(笑)
(写真撮影は忘れたけども)

その後、カルカソンヌという、道路や都市などを作ってポイントを獲得していくゲームをプレイしました。ちょうど終わったあたりで、勤務前の副店長さんもイベントに参加してくれました!

副店長さんの提案で前回のイベントで使わせていただいたVIPルームに移動することに!

移動先の超豪華な部屋

その後、つくボドのTwitterを見てくれている方2人からDMが来て、急遽イベントに参加することに!

イベントは事前申込制にしていますが、定員に達していない場合は当日参加も全然アリです!そこら辺はゆるくやってます~。

副店長さんが勤務のため一時抜けたり休憩時に戻って来たりと、4人になったり5人になったりしましたが、ボドゲを何個もプレイしました!

写真を撮ったものと取り忘れたものとあるので、撮ったものだけ簡単に紹介します!

ゴキブリデュエル

ごきぶりデュエルです!
みんな大好きGを取り合うゲームです。

プレイヤーはだまし屋と予想屋に分かれます。だまし屋はタイルを手前のマスに置きます。タイルは緑が3枚、赤が1枚です。予想屋は置かれたタイルを1枚ずつめくります。緑タイルをめくったらゴキブリを自分の方に1マス動かします。赤タイルをめくってしまったらこれ以上めくることはできません。まだめくっていないタイルをだまし屋の方に1マス動かして、だまし屋と予想屋の役割を交換します。

これを交互にやっていき、先にGを一匹でも自分の手前のマスに連れてきたら勝ちです!

相手がどんな戦略でタイルをどう配置したのかを予想する、心理戦要素のあるゴキブリ争奪ゲームです!

ブロックス

ブロックスですね!
人生ゲームやUNOと並ぶくらいの有名なゲームですよね。児童館でやった記憶があります。

小田小交流プラザでボドゲのイベントをやっているのですが、そこのスタッフさんがプレイしたいと言っていたので買いました。「このゲームやってみたい!」というのがあればぜひ言ってください!経済状況を考慮しつつ購入を検討します(´・ω・`)

テトリスで降ってくるような図形を順番に配置していき、置けなくなった人から脱落していくパズルゲームです。

ポイントサラダ

ポイントサラダです! 最近流行ってきているらしいです。

カードは片面が野菜、もう片面がポイント計算面になっています。

例えば、右下は僕が集めたカードでして、ポイントカードが4枚並んでいます。右端のポイントカードを持っていると、トマトとレタスとニンジンのセット1つにつき8点獲得できます。僕は24点を獲得できますね。

こんな感じでポイントカードと野菜カードを集めて点数を稼いでいくゲームです!

ウィングスパン

ウィングスパンです! 参加者が持ってきてくれたゲームです。

プレイヤーは鳥類学者として鳥を集めていくゲームです。

このゲームね、友達に鳥好きがいたらぜひおすすめしてほしい!

北アメリカにいる170種類の鳥がカードに描かれています。しかもご丁寧に簡単な説明まで!どうやらヨーロッパやオセアニアなど北アメリカ以外の地域の鳥カードもどんどん追加されるらしいですよ!

あとデザインがめっちゃいい!鳥の絵もリアルだし、卵のコマも美しい卵形だし、ゲームの箱にデーンと鳥が描かれていたり。

カタン

カタンです!

もっとも有名がボドゲの1つです。世界で2000万個以上売れたらしいですよ!

日本語版カタンの販売元の会社の方が、「カタンは他のゲームよりもリプレイ率がはるかに高いからボドゲにハマってもらうならおすすめ!」と絶賛するほどのゲームです。

プレイヤーは開拓者として、カタン島を開拓していくゲームです。道や開拓地を建設したり、資源を獲得したり、他プレイヤーと交渉して資源を交換したり、徒党を組んで勝ち逃げしそうなプレイヤーに経済制裁を加えたりと、運・協力・戦略・交渉など楽しめる要素満載のゲームです!

花火

花火です!
みんなで協力して花火を完成させようぜ、というゲームです。

プレイヤーは数字カードを何枚か持ちます。数字は5色のいずれかの色で塗られています。1は3枚、2と3と4は2枚、5は1枚です。

このゲームの面白いところは、自分が何の数字を持っているのか分からないこと!他のプレイヤーからヒントを貰って自分の数字と色を把握し、1から順に各色出していきます。

ヒントは数字か色の情報しか教えられません。「こことここが赤だよ」とか「これは5だよ」とか。ヒントを伝えるときはヒントトークンを1つ消費します。ヒントトークンは8個しかありません。けど、カードを捨てればヒントトークンが1つ復活します

そのヒントはどういう意図で教えたのか、数字カードを出すべきなのか捨てるべきなのか。制限があるもどかしい状態の中で相手の意図をくみ取りながら協力して花火を完成させていきます!

利益

収益は1,000 * 4 = 4,000円です。ルームの使用料として500円/1人 * 5人 = 2,500円をカラオケ店さんに払いましたので、利益は1,500円でした!

イベント終了後

みんなでラーメンを食べに行きました!@天久保の七福軒

副店長さんは仕事中でしたので来れませんでしたが。今度ぜひ行きましょう!

今回の参加者の中でボドゲ歴が一番浅かったのは僕なので、ボドゲ先輩方からいろいろお話を聞けました。有意義でしたm(__)m

しかも、つくボドの会員にまでなってくれたんです!頭が上がらん。

反省

前回のイベントよりは撮影できたけども撮影し忘れちゃうときもあるからそこは気を付けたい。

今回はゲームが終了したタイミングで撮影したんだけど、プレイ中の様子を撮影した方がいいと思う。プレイしてる感がもっと出るから、写真が生き生きしそう。

カタンのルールを誤解していたからルールブック読み込まないとな。

みんなとご飯行きたかったけどチキって言い出せなくて、1人は天久保のフライヤーへ、もう1人は帰宅してしまってからご飯を誘ったから、2人にはわざわざ戻ってきてもらった。人を誘うのが少し苦手だからなんとか克服したいな。

じゃんけんで最初にパーを出す癖も直したい。